コミュニティが備えるべき!プチコミュニティのメッセージ

具体的に扱う課題とは別にコミュニティのテーマが必要だと申し上げてきましたが、コミュニティのテーマをどのように考えれば良いのかについて説明してきませんでした。

コミュニティのテーマは、これでなければならないという制限はありません。ですから自分のプチコミュニティを作ろうと決断したときに自分で用意すれば、それでよいのです。

それでもコミュニティが扱う当面の課題以外に、そのコミュニティを通じて何を伝えるかというテーマを理解しておくことで運営の方向がブレなくなります。

地域性を強く持つ問題や、時代性をあまり強く持つ必要性など、個別の問題ではなく、コミュニティを通じて社会に訴えるような大きい課題が良いでしょう。それは普遍しているため地域と時代を越えてコミュニティを拡大する可能性を持っているからです。

コミュニティは年齢層が異なる、世代が異なる、文化が異なる人たちが集まってくるほうが良いといわれます。この理念はコミュニティそのものを崩壊させるリスクを伴います。

考え方があまりに違うと、コミュニティを維持できなくなるからです。価値観がずれていると優先順位が噛み合わなくなります。優先順位がずれているといずれお互いに非難しあうような結末になりかねません。

それでも多様性の中で見えてくるものがあることは事実です。さまざまな違いと直面することから、自分の考え方、価値観、優先順位が相対化されることは大きな利益になります。

是非、異なるものを貫いて大切な心とは何かを探しましょう。すべての人が共通して持っている心と何でしょう。どんな心を共通して持っている価値があるでしょう。

このように心を捉えようとする試みは、コミュニティを介した人間同志の交流が人間を養い、癒やし、育てていくことを期待するからです。

この問題は人間とは何かという遠大なテーマを抱えています。遠大なテーマを扱うのに特別な資格は必要ありません。専門的な学習も不要です。偏差値も関係ないのです。

誰にも答えられないテーマです。そしてギリシア時代から世代を越えて問い続けられてきたテーマです。未だに明確な解答は得られていません。ですから、安直な解答は拒否されることになります。

それでも問い続ける価値があることです。一人で扱うには大きすぎるテーマかもしれません。しかし、コミュニティという人間の交流の中で何かの手がかりを得ることは十分にあり得ます。

それが人を癒やしたり、育つキッカケになったりすることを目撃する経験は刺激的なのです。そのような経験を積み上げることでコミュニティのテーマを仮設することができるようになっていきます。

人間に傷つけられた心は、人間にしか癒せないといいます。でも、イルカセラピーとか、ドッグセラピーがあるじゃないですか、という声が聞こえてきそうです。

動物セラピーは人間が生得的に持っている、人間性の応答性に着目した治療法です。応答は本来は対人関係において最も明確に反応するはずです。つまり人間による行為の代理として用いているに過ぎません。

それに人間不信は人間による解決しか許されないことを指摘すれば十分でしょうか。人間不信によって疲弊した心を慰めることは動物にできるかもしれませんが、人間不信を人間以外が扱うことはナンセンスです。

結論として人間が人間を育てる以外にないのです。そして人間が社会的に育っていくゆりかごがコミュニティだといえそうです。ゆらゆら心地よく揺れるコミュニティを是非考えてみて頂きたい。

終わらない関わりこそが大切。コミュニティの使命です

継続こそがコミュニティ運営の力、目標です。だって目的が完了すれば解散するというのではもったいないのです。コミュニティは素人の集団であって、目的を共有していない状態が本来の姿です。

人を集めて集団形成するのが一番難しく手間がかかるというのは、コミュニティ作りに挑戦した経験がある人の共通意見でしょう。確かに時間がかかり、一人一人のまとまりはないからです。

でもコミュニティという素人集団はさまざまに変化して適応できるという側面を持っています。このメリットはとても重要です。集団になれば、それだけで規模という力を持ちます。

特に何かの問題について話しあうとか、学習するとかという課題は必ずしも必要ではありません。むしろ、定期的にどこかに集まる習慣を作ることがポイントなのです。習慣を変更することは難しく、一旦作られた習慣にも変化させないようにする規制が働きます。

ですから、週に一回集まってお茶話をするコミュニティは理想的です。なによりコストが低い。ただ楽しい話がそこにあれば成立します。なんとなくいつも集まって無駄話をしているコミュニティを目標にしましょう。

週単位の時間感覚が維持できると、日付感覚がしっかりしてきます。忙しい日を送っていたり、逆にまったく予定がないような日を過ごすことになったりすると、曜日感覚や日付感覚が損なわれます。

それにプチコミュニティなら、大掛かりな準備が不要です。人数が多くなれば、場所の確保が大変な作業になり、担当者の負担が大きくなりますが、小さい集団であれば、街角にあるカフェでも用を足すことが可能です。

他人の日常は自分にとっての非日常であって、非日常が日常生活の活性剤になってくれます。興味の湧く話だけを追いかけて、そうでないものを聞き流すことにストレスはありません。

退屈が老いの大敵ともいわれます。世間で起きているさまざまなことに興味を持つことが大切だと。しかし、そのような出来事に触れる機会がなければ、どうしようもありませんよね。深刻ではない他人の世間話に参加することで、その機会を得ることになります。

そして他人の世間話に参加することは他人の人生を共有する意味を持ちます。これによって好奇心がよみがえる機会とすることができます。

定期的な会合が問題解決の準備になることを期待しましょう。定期的に開催されるコミュニティの場は情報共有の場であって、いち早く問題を発見することも可能です。

問題が生じてからでは遅すぎるのです。問題解決に当たる集団を作ることは、時間が必要だからです。即席で対応して時間をかせぐためには経済的な負担に置き換えなければなりません。つまり専門家に依頼するといった手段をとることになります。

しかし、コミュニティがあれば集まって合意を得るだけですぐに行動できるはずです。その中の人には専門家に及ばないながらも、ある程度の専門的知識を持つ人がいることを期待できるはずだからです。

でも、問題解決などの目的を完了しないことに意味があることを忘れてはいけません。目的を達成してしまうとコミュニティを解散すればよいと考えると、コミュニティの倫理観が低下します。つまり、コミュニティがその場限りの判断をしかねないのです。

コミュニティが持つ目的はイベントの成功です。目標はイベントの完了になります。でも目的達成したら次の目標を見つけることが必要ですし、仮に満足できる目的達成ができなくても大丈夫です。満足できなければ、再度行動するようにすればよいだけのことです。


カードローンを利用する時はネットの口コミも参考に!
(おすすめ記事→http://sattozeni.com/acom/

プチコミュニティではリーダがルールブック。でも…

残念ですが、コミュニティを形成したり、運営する時にリーダとして関わり方を間違ってしまう人が少なくありません。その結果、コミュニティは動きを奪われて、寿命を終えることもあります。

コミュニティは一種のゲームだと考えることができます。コミュニティはどのようなゲームになるのでしょうか。どのようなゲームにせよ、ゲームを創ることがリーダシップの役割です。

もちろんゲームはルールに従って運営されます。特に日本文化を背景にした場合、ルールを明確にすれば、ゲームの進行は健全に行われることが期待できます。

ところが、リーダは特権階級だと考えるとコミュニティはゲームにならなくなってしまいます。リーダをその他のメンバーと区別し、経費を使いたいと考える人を見たことがあります。

リーダに特権を与えると、最初からコミュニティの参加者は不満を抱くでしょう。さらにゲームに参加するために時間を喜んで提供するとは考えられません。みんなが平等だという意識は、すべての日本人を支配していると考えるべきです。

そこでどうするかといえば、自分が同じ立場で振る舞えるルールを作ろうということに帰結します。そもそも自分が従うことをためらうルールを作らないことです。

リーダが自らルールを厳守することが原則です。ルールを守るリーダを見て、立ち上げメンバーが行動を決定するようになります。ルールを守ることもまたゲームの一環だからです。

するとルールを守っているコミュニティの人達を観察して、新しく参加する人が行動することが可能になります。このようにしてルールはコミュニティ全体を規範に従わせるのです。

逆にリーダが遅刻をすれば、コミュニティは遅刻を容認するルールになります。もちろん、リーダは別格だと誰も考えてくれません。正当だと思われる理由があれば、誰でも遅刻が容認されると考えるからです。

最初は、誰が考えても仕方がないという理由かもしれませんが、時間が過ぎて回数を重ねると段々と意味のない理由で遅刻するようになるはずです。

コミュニティはリーダが直接支配するのではありません。あれこれの判断をいちいちリーダが支持したり、許可を与えたりするのではありません。リーダは厳しいルールでも作れるが、支配するのはルールなのです。

そのためには最初からコミュニティを自分と同一視しないことが大切です。自分が作ったコミュニティですが、コミュニティは自分から独立した別の存在なのです。

なによりも会計をできるだけ早い時期に独立させることが、コツだと考えています。会計はもめ事の原因になりやすく、逆に明確にしておくと多くの人が納得してくれるからです。

社会人も学生もそれぞれに所属する社会のルールを持っていますから、コミュニティが何もルールを決めないと別の問題を生じます。それぞれが自分のルールを正当だと考えて混乱を招きます。

しかし、問題になる事態が起こらなければ、ルールは表面化しません。ですから、慌ててルールを作るのではなく、それ以外のルールは最低限にすれば息が詰まらないコミュニティを作れます。

合意制を採用するメリットを知っていれば、ルールの統一もそれほど負担にならないはずです。合意とは議論による決定に焦点を当てずに、全員の意見を参照して、リーダが全員の合意を得られる提案をすることを意味します。

コミュニティ全員の合意を得ることで、コミュニティは独立することになります。全員がコミュニティの意思決定者になるからです。そしてコミュニティの合意制は日本の古来からの伝統なのです。

リーダシップはこれでOK!この方法で自然とリーダになれる

コミュニティがいつも上首尾に運営できるはずはありません。ほとんどの場合、人が抜けたりしていくと徐々に解散に向かう宿命にあります。ですから、少しでもコミュニティの寿命を永らえるための方策が必要になります。

それらの方策の中でもっとも基本的で大切なお約束が時間厳守というあまりにも当たり前なこと。当たり前なのですが、時間に遅れる人に対処することは極めて難しいと言わざるをえません。

時間を守らないからといって、懲罰を加えると簡単にコミュニティの崩壊を招きます。些細なルール違反によってほころびが生じて、あっという間に拡大するのです。

しかし、時間を守らないという行動は実に些細な失敗に過ぎません。理由を問えば、あらゆる理由を考えだすでしょう。懲罰対象とすることは非常に困難です。

もちろん、身体的な懲罰を加えるなど、とんでもない決断です。このような短絡をしてしまうと即座にリーダ失格という烙印を押されてしまうのみならず、社会的に抹殺されかねません。

そこでリーダとしてのたしなみとして、心理的な罰則と報酬を知っておくことをお勧めします。罰則は、「無視」することにつきます。その後の一定時間の無視は強烈な心理的圧迫として感じられることになるのです。

逆に報酬は、他人の目の前での「賞賛」が相当します。極めて限定的に賞賛します。良いタイミングで挨拶を交わせたという程度でもしっかりと、こまめに報酬を与えることで効果は増大します。

時間の問題を含めて強制的なリーダは相手を心理的に遠ざけてしまうので注意が必要です。つまり強制する行動・言動はコミュニティの運営に用いることができません。

強圧的に迫れば、一時的に行動を変更するかもしれませんが、自発的な行動になるまでにかなりの時間を必要とするでしょう。その度に強制的に指示することになり、行動が変化する前にリーダへの態度や感覚が変化してしまいます。

指示で動いている限りは力を発揮しないのが人間なのです。ですから、本人の意思でできる行動を暗示することが有効です。〜しろという形で指示するより、〜すれば…が助かる、といったパターンを利用しましょう。

連絡係とリーダーシップとの関係について無関心でいては、大きな問題を抱え込むことになります。連絡係の担当する仕事が人と人とのネットワークを支配するからです。

ネットワークを支配すればグループ全体を支配できることになります。つまり連絡係が造反すれば、リーダはすべての力を失う結果を招くでしょう。

一般的にリーダの役割はグループの判断を代表することですが、連絡係がいなければ、コミュニケーションがストップします。コミュニケーションがストップしている状態では、リーダの判断はすべて独断になってしまいます。

リーダ自らが連絡係をすることで情報を整理できるメリットが非常に助けになるでしょう。グループの一人一人から消息を直接確認することで、親密度が増加します。

連絡係は代理不可能なのでリーダの地位が安定するというメリットも重要です。連絡係は個人情報を扱うことになり、第三者を含めて簡単に知らせることができません。

連絡係が 一人一人の状況を把握することが、リーダへの依存度を著しく高めることにつながります。そのために一番効果的な方法は、話を注意深く聞くことです。

人は誰でも、話を聞いてもらいたいと願っています。渇望しているのです。プチコミュニティはそのような人の欲求を取り扱うことが中心になりますので、リーダが率先しましょう。

これは事情通になる方法です。グループの一人一人の事情をよく知っているという特性はリーダとして認められることに直結します。