使えるなら何でも!インターネットを活用するコミュニティ

インターネットを利用しないコミュニティはあるでしょうか。もはやそのような先史的なコミュニティはないような気もするのですが、実はそのようなコミュニティに所属しています。

そのようなコミュニティでは情報の流れが電話と郵便による一方通行の連絡なります。主催側に意思決定をすべて委任して、決定事項を参加者が受信するというスタイルですね。

相手にメッセージが届いたか確認できない郵便を使うことで不都合が生じる場合も少なくありません。質問などがあっても、直接連絡を取ることが難しく、あれこれ考えている間に失念してしまうことも多い。

郵便や電話という手段に頼ると意外と時間とお金がかかってしまうことも問題です。結果としてコミュニティの運営に必要経費が発生しやすく、管理の公正化が必要になり規模が大きくなります。

対外的に広告できないのはもちろんでしょう。対外広告などには印刷費や掲載費が発生しますし、制作の問題になると素人の手に負えなくなってきます。コミュニティが成長してからの課題ですね。

対面コミュニケーションが一番だけど、それぞれに事情があるというのが実際のところです。対面コミュニケーシを補完するインターネットがあるので活用しない手はありません。

もちろん、インターネットでコミュニケーションは完了しないということを念頭に置いて利用するべきです。インターネットは万能ではありません。あくまでもコミュニケーションのお手伝いに利用します。

それはインターネットを利用するコミュニティの効果が無視できないほど大きいことが知られているからです。インターネットを利用して連絡をやり取りすれば、集まらなくても簡単な意思決定が可能になります。

インターネットの機能を使って実現する連絡網を構築することを徐々に進めていくべきだと考えています。多くのコミュニティはインターネット上のツールを目的別に使い分けることか上手ではありません。

現在インターネットで多く用いられているツールから、私が主催しているコミュニティで活用している方法を簡単に紹介しましょう。

コミュニティでは参加者に同報する必要があります。これにはLineなどのグループを使って掲示板にしています。こうしておけば、参加者に通知が届き、既読を確認することが可能です。

イベントの予定を対外的に公開することは、コミュニティ外に活動の実態を知らせるために有益です。せっかくイベントを企画してもそれを対外的に通知できなければ台無しです。また、参加者がコミュニティの内容を説明するために便利に活用しています。

個別の連絡に使うツールもあります。Lineにはメッセンジャー機能が組み込まれており、参加者の誰か一人だけとメッセージの交換ができます。これを使うと、同報とは異なる必要に十分に答えてくれます。

活動の報告をする場は、重要です。そのためにブログを活用しています。参加を検討している時に、ブログを読んで決意したという参加者がいます。あるコミュニティがどのような活動をしているかをまじめに考えている人はブログを参照しているようです。

これらのインターネット活用は特に一人で責任を負う必要はありません。参加者が増えてくるに伴ってだんだんと充実させていくことができます。若者の中には率先して分担してくれる人がいるはずです。そしてこれらの機能の利用は費用がかからないことが魅力なのです。

これらの方法を活用して、プチコミュニティは効果的に成長を続けています。大学内に作ったコミュニティは今、他大学とも新たな協力関係を築くべく手段を模索するようになりました。本当に効果絶大です。

集まりは「いつ」「どこで」「だれが」「何を」を明確にする

場所の確保は意外と重要課題ですよね。参加人数が決まらないと場所の規模を決めることが難しく、場合によっては費用の負担が発生したりします。一度や二度の話ならまだしも、定例会ともなれば毎回のことになって不満が鬱積します。

いつ、どこで活動するのかを明確にすることが大原則です。一見、矛盾するようなことですが、人は時間と場所が決まっていなければ、決意して調整することができません。

そもそも定例の集会では全員が集まれないことが問題ではありません。出席率の優秀な人とそうでない人とを、密かに選別することが目的なのです。出席は人の真面目さが如実に現れるからです。

ですから最初に考えなければならないのは場所の確保という問題になります。自宅の一部を開放できるのであれば、問題がないようにも思えますが、誰かの自宅では、提供する側も利用する側もストレスがかかるものです。

利用できる自宅以外の場所には有料の場所と無料の場所とがあるので適時組み合わせることがオススメでしょう。例えばホテルのロビーはビジネスの定番になっています。ホテルのロビーなら空調も万全ですし、待ち合わせなどに最適です。

あるいは公民館の集会所など公共施設の利用は意外と快適かもしれません。事前に手続きが必要ですが、概ね料金も抑えられていますが、自治体ごとに多少変化することが気になります。

予約などの手続きに手間がかかったりしますので、人的余裕が出てこないと難しいかもしれません。手続きをいとわない方であれば、十分に利用価値があります。

学校などキャンパス中の施設は基本無料ですが誰でも利用できるわけではありません。内部関係者が必要になってきます。サークルでは学生が中心になっていますので、ここ数年間はキャンパスを利用しています。

スケジュール(計画)を立てることが得意でない日本人は意外と多くて驚くことがあります。海外の友人と話をしていると、彼らは常識的に行動の計画を熱心に考える習慣があるようです。

直前に開催の連絡があるのは仕方がないことだけど困りものです。これを回避するために、余裕ある時間を設定する工夫をします。それでも予定と変更の問題。遅刻・欠席の連絡に対処しなければなりません。

場所と時間をどのように扱うのか、実行してきた定例集会の原則を紹介しておきます。まず罰則によるコントロールは困難だという意識を持たなければなりません。コミュニティから阻害されることから明確な不利益がないからです。

定例会は出席率を(50%以上に)上げることが目標にすることで企画者の精神的負担が大幅に軽減されます。むしろ、少ないほうが親密な交流ができると考えましょう。

ただし少ないとはいっても、葛藤状況にならないために1対1になることを避けてきました。二人だけになってしまった場合は簡単にお茶をして散会してしまうほうがよいのです。多様な人を集めるコミュニティだけに葛藤状況はできるだけ避けるのが得策です。

費用が発生することも多いのです。細かいことですが、割り勘は100円単位で。10円単位を切り上げてコミュニティの活動費に繰り入れるようにしておくことで、わずかでも全体の活動費が蓄積できることは、内緒のコツでしょう。

場所と時間以外の大切な心がけとして。集まりにテーマがある時は事前に報せておくことで、習慣的にコミュニティに参加するように誘導することができます。また、興味を持たれやすいテーマを考えて告知する。これらはプチコミュニティの工夫のしどころといえます。

これだけは!イベントと定例活動をバランスよく組み合わせる

コミュニティを運営するノウハウにはあれこれあります。しかし、基本的な手法を確実に活用できるようになれば、コミュニティは穏やかに成長します。ここでは、コミュニティ運営の基本的ノウハウについて説明します。決して難しいことではなく誰でも応用できる内容です。

まず前提として理解していただきたいのは、コミュニティは生き物のように成長するという事実です。動物なら成長とともに体が大きくなり、行動範囲が広がります。コミュニティも同様です。

成長を促進するための誘導を意識することがポイントです。毎日交流するための定例会を開催するなどしてしまうと、参加者はコミュニティに疲れてしまうでしょう。日常生活にかかる負担が大きすぎるのです。

時々、単純な交流を刺激するイベントが必要です。コミュニティの成長を促す2つのポイントは定例活動とイベント企画の組み合わせだと考えてよいでしょう。

コミュニティは定例活動とイベントを両輪にして運営します。その2つのバランスがとても大切なのです。定例活動も大変重要ですが、イベントも同様に重要だといえます。解決しなければならない問題を抱えていることもイベントのひとつですが、いつも問題を抱えているわけではないからです。

定例活動によってコミュニティの活動が安定するのですが、活動がマンネリになる傾向を生じます。定例活動でコミュニティのパターンを形作ることで、参加者がリラックスしてコミュニティに参加できるようになります。これが定例活動の大きな目的の一つです。

しかし、コミュニティでなにも意識しなければ、新しく参加しようという人はなかなか表れません。コミュニティは基本的にメンバーを固定したいという欲求も持っているからです。

たとえ1週間に1回の交流でも、地域性が似ているようだと参加者はほとんどの情報を共有しているため、話題が固定化する傾向が高いのです。そのような状況から気分が停滞することになります。

定例会などのマンネリは回避することが難しいですが、メンバーの参加率を50%を目安に交流することができるとマンネリに対して抵抗することができます。

参加率が50%だと少ないと感じられるかもしれませんが、均等に50%の参加者を確保すると、1回の交流参加者の組み合わせ可能性が最大になるのです。これによって毎回の定例会でのメンバーの組み合わせが変化するように誘導できます。

一方のイベントは人を集めるがその場限りになる傾向を持ちます。ですからイベントを計画するために前もって配慮しておくべきことがあります。

イベントのメリットはコミュニティの士気を高めることに尽きるでしょう。達成感を共有することでコミュニティ全体の雰囲気はよくなりますし、結果として参加率が向上します。

イベントは新しい人を呼びこむチャンスですから、多く人を集めるイベントを企画したいものですが、これはなかなか難しいです。そこで解決策の一つとして、最初から多く人が集まるイベントにコミュニティとして参加することがオススメです。

少人数でできる企画は参加型企画が強力です。見学者が訪れた時にコミュニティメンバーと一緒になってなにかを体験する内容だと見学者に何もいわなくてもコミュニティ参加を勧誘することができます。

イベントに頼ったコミュニティ運営にはしかし、いつまでも顔ぶれが安定しないというデメリットが生じます。人を集めた後のフォローがないと一時のお楽しみになるからです。これを解決するためには内輪のイベントも必要です。ハイキング、バーベキューなど家族単位でのパーティなどが便利に使えるでしょう。

プチコミュニティなら関わりがどんどん広がっていきます

コミュニティの運営に関わっていると人間同士の関わりがどのように広がるのかという問題に関心が高まります。そこにメカニズムのようなものがあれば、制御することが可能だからです。

ソサエティのような目的を共有して集まる集団では、素人では手に負えない問題を扱うことが多く、専門家の知恵を借りるようになることになりますが、問題解決に対しては非常に効率的です。

しかし、特定の目的は出会いを限定するというデメリットを持ちます。集団が必要とする関わりは、援助可能な能力を持つ専門家に限定されるからです。限定された出会いは変化に乏しく集団もまた専門化していくことでしょう。

それに対してプチコミュニティの場合はほとんどの参加者は専門家ではありません。むしろ何かの知識に対する欲求があるから、そこに集まってくれるのです。ソサエティのように効率的な集団を目指せないのです。

だからといって、プチコミュニティに問題解決の方法はないのかといえば、決してないと言い切れないのです。コミュニティ参加者の知り合いに専門家がいる可能性が意外と高いからです。

近所の商店店主の前職が専門職だった。参加者の親戚に専門家がいたなどということは頻繁に経験するでしょう。個人的なコミュニティ参加者のいとこが有名な研究所で知りたい研究をしていたという経験が私にもあります。

関わりの広がりは予測不可能なのは潜在しているからです。普段の生活の中で特定の問題意識がありませんから、自分の知り合いがなにをしているか、どんな人がいるのかなどと考える機会はないものです。

そのような潜在している人のつながりがコミュニティでの交流で浮かび上がってきます。周囲にいる人とのさまざまな自然な会話がよい刺激になることはよく知られています。

プチコミュニティでは、お互いに一定の信頼関係を築くことを前提に集まりますから、日常的に付き合っている家族や近所とは違う人たちとの会話が自然に発生します。

プチコミュニティ同士の交流が生れることは、ある意味自然な成り行きかも知れません。プチコミュニティに参加している人たちが、1つのプチコミュニティにしか所属していないとは考えにくいでしょう。

複数のプチコミュニティに参加していたり、他のプチコミュニティにお友達が参加しているなど、関係は不定でも必ず何かの関わりを持っているようです。

中には、多くのコミュニティに参加することを趣味にしている方もいらっしゃいます。そのような人たちを通じて、他のコミュニティと交流が始まる機会が生まれてきます。

プチコミュニティの参加者はお互いが何かの共通性でつながっています。ある集団は活動地域が共通であり、別の場合は趣味が共通していたりします。そのような地域性や属性の異なるプチコミュニティがつながることでさらにコミュニティが広がります。

プチコミュニティの活動はこのような意外な出会いが生れる機会を演出します。別のコミュニティはまったく異なった人たちが構成していることは意外性の高い魅力です。

プチコミュニティの収穫はこのように意外な出会いからもたらされます。個人的な問題解決のチャンスやノウハウに直接出会うこともあるでしょうし、人のつながりから、それらを得ることもあるのです。

人間の関わりの面白さだと、ある人は言うに違いありません。現代社会で忘れ去られようとしている、人間のおもしろさのひとつがプチコミュニティにはあります。そして失われつつあるからこそ、それは大きな魅力として再発見されているのではないでしょうか。